徒然なる星空めぐり

Yahooブログ閉鎖に伴い引っ越してきました。まだまだ良く分かりませんが気の向くままに星空をご紹介していきますのでどうぞよろしく!

2010年05月

牛久大仏

ご紹介が遅くなりました。
d8f9e72a.jpg


ブロンズ立像としては世界最大牛久大仏に行ってきました。
地上高何と120m!遠くから見てもこれが大仏かと思うような威容を誇ります。
顔の大きさだけで奈良の大仏や鎌倉の大仏より大きい20mもあります。
浄土真宗東本願寺派本山東本願寺が牛久浄苑のエリア内に1993年に完成しました。
 
ecc55808.jpg

86c73c15.jpg


人差し指の長さ7mです。

まるでアトラクションの入り口のような場所を通って大仏の胎内に入ります。
 
大仏三階:蓮華蔵世界には永代供養の胎内仏があります。
51cb7de8.jpg

 
胎内仏にはまだ空きがあるようです。
a5f09a9a.jpg

 
胸のスリットから外の景色が眺められ筑波山から富士山まで眺められる日もあるようです。
a34e1206.jpg

54942f6a.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周りの庭は本願荘厳の池を取り囲むように広大なお花畑になっています。
7182b145.jpg

 
792886e2.jpg

63499d74.jpg

 
 
 
 
 
 
 
c302c2a4.jpg

d60f601c.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もっと詳しい情報はこちらからどうぞ~♪
http://www.ushikukankou.com/ushikudaibutsu.htm
 
小動物園やお花の摘み取りもできてお子様連れでも充分楽しめます。
都心の観光施設と違ってそれほど混まないのも良いですよ。
 


残念ながら雲が広がって来たため今日の遠征は中止です(>_<)
それでは皆様、どうぞ良い週末を~♪
BGM: I Remember Cliford By Masayoshi Takanaka

12日の土星

2週間ぶりの土星です。
7afcd645.jpg

 
12日は快晴に恵まれました。星仲間の皆さんは遠征に出かけられた方も多かったようです。
私も帰宅がもう少し早ければ出かけられたのですが、翌日の朝の会議が休めないため
置いてきぼりを食った気分で土星を撮影しました。
透明度の良さとは裏腹に北からの寒気の流入により寝ぼけた画像となりました。
これだけでは余りに芸がないので・・・
 


2007年からの土星の環の傾きの変化
を昨日の画像と併せて1枚にまとめて見ました。
f4d65479.jpg


2007年の大変土星らしい環の形が徐々に閉じてきて、昨年一時的に消失し
今年に入って北側(下側)の面が見られるようになって来ました。
今月が一番細い串団子で、来月から徐々に開いてきます。
 
どうか週末は良い天気に恵まれますように!!
ジョージベンソンのギターテクニックに痺れてください(*^^)v
BGM:George Benson - The Shadow Of Your Smile [Live '72]

リゾナーレ小淵沢

ここが八ヶ岳山麓に佇む高原リゾートです♪
73d83f0f.jpg

 
”RISONARE”はイタリア語で”響きあう”という意味だそうです。
イタリアの建築家マリオ・ベリーニがイタリアの山岳都市をイメージした意欲作です。
敷地の広さ7万平方メートル。石畳の回廊を歩くと一瞬ここが日本であることを忘れてしまいそうです。
f78bd567.jpg

e5fcfde3.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7cdc1642.jpg

道の両側には20を超えるさまざまな店舗がところ狭しと洒落た雑貨を並べています。
中には自分だけの服飾雑貨を作らせてくれる店も!
0a1da720.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
散歩が終わり小腹が減ったら、食事は高原イタリアン。
取り放題のビュッフェからのスタートです。
f9fd4990.jpg

本来ならここで熟成したワインを頂くところですが、夜の作戦のためにジュースで我慢。
もちろん、このほかに黒豚のメインディッシュやデザートも付いています。7ce04fba.jpg


ca926f99.jpg

早めのディナーのあとは夜のホテルを散策しました。
東京では見られないブルーの空が印象的です。
4fc4cb72.jpg

 
dd84fc13.jpg

2acc561a.jpg

4956fa11.jpg


世界的なデザイン賞「A&D賞」を受賞したガーデンチャペル「ZONA」の幻想的な光が
否が応でも今宵の夜空へ誘います。
5c4be82c.jpg

 
もっと詳しい情報はこちらからどうぞ~ http://www.risonare.com/index.html
 
これだけ家族サービスをすれば星見も許してもらえるでしょう。
天の川を渡る白鳥を見に出かけましょう♪
 
dd046c20.jpg

上の写真を下の星図と比較してください。どこに白鳥がいるか分かりますか?
c225b504.jpg

 
だから本当に遠征目的ではないって言ったでしょ!?(笑)
BGM:amapola Kenji Sawada

ただいま。小淵沢から戻りました♪

いえいえ遠征ではありませんよ(^^ヾ
8a5eea26.jpg

蠍座、射手座と天の川 SIGMA DC17-70mm 17mm F2.8 ISO1600 30sec固定撮影
 
この土日は孫を連れて小渕沢のホテルステイを楽しみました。
子供が寝静まってから、そっとホテルを抜け出し星見に出かけました。
とても良い場所を見つけましたよ。観音平駐車場です。
小淵沢インターからも15分程度で行かれる標高1560mの高原です。
http://p-albion.jp/kannnonndaira.htm
下界は雲に霞んでいますが、それを抜けると見事な天の川が広がっています。
さそりの尻尾から下の部分が地上からの眺めを遮っている雲です。

僅か30秒の固定撮影でこれだけ天の川が写ります。
後日、旅行で撮った画像や他の画像と併せて仕上げ画像をアップします。
細い月が昇り始めるまで寒さに震えながら満天の星空を満喫してきました。
何しろ遠征ではないのでしっかりとした防寒対策はしていませんでした。


実は積んでいった赤道儀の赤緯軸の回転が不調でSS2000のボタンを押しても
ギアが泣くだけで動かなくなってしまいました。
ギアの噛み合わせはおかしくないのようなのにどうしたことでしょうか?
今度の週末には何とかしたいと思いますが、良いお知恵があれば教えてください。
BGM:Stardust - Lester Young and Oscar Peterson Trio
 
お蔭さまで赤道儀が復活いたしました♪
T-Fixさん、適切なアドバイス有難うございました。

ひたち海浜公園の花

週末のひと時をスライドショーで♪

去りゆく火星

天文屋にとって晴れとは名ばかりのGWが終りました。
 
確かに昼間は晴れていますが、夜になると曇るパターンが続きました。
昨夜も同様に夜になると曇る天気でしたが、双眼鏡で確認すると火星が雲に見え隠れしていました。
休みの最終日なので早速望遠鏡を向けると、雲の向こう側の火星は前回よりも落ち着いています。
 
859e3545.jpg

右側は池村氏のシミュレーション画像です。
 
雲に邪魔され何度も撮影を中断せざるを得ませんでしたが、
視直径が7秒になった火星の表面を何とか捉える事が出来ました。
ヨネヤンさんによればこの火星は600m先の1円玉位の大きさだそうです。
北極冠が大変小さくなって来ています。
恐らくこれが今シーズン最後の火星撮影となるでしょう♪
 
次の接近は2012年になります。それまでしばしのお別れです。

ゲリラ遠征・・・失敗の巻

5月3日急遽遠征決行♪

薄雲がかかりスッキリしない空でしたが、思い切って育樹記念広場に急遽出かけました。
雲の予報サイトでも途切れる様子はありませんでしたが4日、5日は更に期待が持てないので
一か八かにかけてみました。しかしこういうときの予報は当たるものです。上空は常に曇っていて
時折1等星は見えますが肝心の北極星周辺は厚い雲に隠れて見えません。
何度も極軸を調整しているうちにとうとう月が出て来てしまいました。

幸い月も雲に見え隠れしているので再度極軸設定して
薄雲越しに何とか撮ったのがこのM13です。
7456cf3f.jpg

ノータッチガイドノートリミング20%縮小。2枚コンポジット
 
一応、仕上げの画像にしてみました。
ea2d70e3.jpg

M13 (NGC6205) はヘルクレス座にある球状星団。
距離は約22,000光年。1714年にエドモンド・ハレーが発見した。
光度は6.4等級で暗い空なら肉眼で何とか見られる明るさである。
直径は約100光年。北半球から見られる最も大きな球状星団である。

これだけで帰るのは惜しいので撮影地周辺をパノラマにして見ました。
クリックしてご覧下さい。
3449e7bc.jpg

 
こうして午前1時には撤収をして帰宅の途につきました。
しかしいつもの遠征に比べて上がる時間が早くてそのまま帰るのも勿体ない!
 



気を取り直して月と富士山と河口湖を土産に一枚撮りました。
9be1ff36.jpg

この写真が撮れただけでもまあ良しとしましょうか♪
 
最後は、70mmのカメラレンズで撮った朧月です。
6e358ad6.jpg

 
次の新月期はスッキリ晴れてくれないかなぁ~♪

Slow Dancing With The Moon by Dolly Parton

ネモフィラ

空と海と花が奏でるハーモニー
 
まるで人がお花畑を天に登っていくようです。
701090e1.jpg


淡いブルーの一面ネモフィラが1本の木を彩ります。
22cb318f.jpg

 
こうして見ると空と海まで一体化して見えます。
68c14727.jpg


アップするととても可憐な花です。
7931a38f.jpg


「ネモフィラ」はギリシャ語のnemos(小森)とphileo(愛する)が組み合わさった言葉。
この公園のものは「インシグニスブルー」という品種で、その淡く青い花色から英名は
「Baby Blue Eyes(赤ちゃんの青い瞳)」と呼ばれているそうです。
ここ国営ひたち海浜公園では”みはらしの丘”35,000㎡に450万本ものネモフィラが咲いています。
 
お日様に手を伸ばしているような花もあります。
7689235c.jpg

 
黄色い菜の花とのコラボも見事でした。
b0e76ed1.jpg

 
GWの1日~2日にかけて次女の初節句祝いを兼ねて茨城方面に観光に出かけました。
初日は牛久大仏を見てから、千勝神社で初節句。その後筑波に泊まり、翌日はここ
国営ひたち海浜公園、水戸偕楽園、笠間の火祭りを見る予定でしたが常磐線は
朝から大渋滞。友部の前から動きません。インターを降りるのにも、駐車をするにも
入園するにも長い行列待ちとなりました。極めつけは園内循環のシャトルバス。
こちらも乗るのに1時間以上の待ち時間となり結局この日はこの海浜公園だけで終了。
それでもネモフィラや水仙、そしてチューリップがとても見事に咲き誇っていました。
仕方がないので日が西に傾くまで園内をじっくり見て回りました。
 
公園のHPはこちら(↓)からどうぞ~♪
 
牛久大仏の記事や水仙やチューリップの画像は
また後日をお楽しみに~♪
BGM:Paul Mauriat - Love is blue

月面拡大画像と29日の土星、火星

先日ご紹介した月面の強拡大画像です。

下の青い四角で囲った部分をWEBカメラで拡大撮影しました。
85d47695.jpg

 


まずは一番上のガッサンディーです。

火口中央部に峰が3つあるのが分かります。火口の底はゴツゴツしていますね。


 
次は真ん中のコペルニクスです。

火口の縁が2重3重になっています。こちらも中央峰が三つありますね。


最後は一番下のプラトーです。
ddbeece4.jpg

今回は小クレーターがぼんやりと3つ写っているだけです。
やはりこのシーイングではちょっと解像度が物足りませんね。


続いて29日の土星と火星です。
GW初日の29日は午後から素晴しい快晴に恵まれました。
昼は多摩の公園に出かけ草花を撮影し、夜は久しぶりの惑星狙いです。
ところが強風が吹き荒れ、NCEPで確認した気流も濃い紫色でした。
それでも快晴の夜はめったにないので無理やり撮影しました。
 
まずは土星です。
c73983fc.jpg

気流が悪いので詳細は全く写りません。
こういう時にはやはりもう少し拡大率を落とした方が良いでしょう。
 
そしてこちらが火星です。
d9a8ad0d.jpg

遂に視直径が8秒を切りました。この気流ではただオレンジ色の楕円形の星が見えるだけです。
 
いよいよ火星もシーズン終盤です。二年後までさようなら~♪


そしてGW Specialのおまけはこちらです。
John Adorney Dance Of The Moon & Stars
 
それでは引き続き良いGWをお過ごしください♪

Author

シュミット

ギャラリー
  • しし座の二つのトリオ銀河 Leo Triplett
  • しし座の二つのトリオ銀河 Leo Triplett
  • 梅雨の合間の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ