徒然なる星空めぐり

Yahooブログ閉鎖に伴い引っ越してきました。まだまだ良く分かりませんが気の向くままに星空をご紹介していきますのでどうぞよろしく!

2012年04月

桜と桜月夜

 
先週末の暴風雨を耐え桜が開花しました。
出勤時の下車駅にある1本の桜の木に朝日が当たり、
輝くように可憐な花を付けていました。
 
画像はすべて右下をクリックすると大きくなります。
 
e8ceac64.jpg

 
061b93e1.jpg

 
cd7cfd51.jpg

 
 



そして帰宅時の下車駅ではほぼ満月の月に照らされて
頬を染めた乙女のような桜がお出迎えです。
 
a622df4f.jpg

 
759d7e52.jpg


 
 
最後にほぼまん丸の月を手持ちで撮りました。
 
 
7541fffe.jpg

 
 
画像はすべてFinePixF300EXR手持ち撮影です。
 
このあと帰宅したらだんだんと雲が広がり
今は雨となってしまいました。
 


ネットをくぐって見たら与謝野晶子のこんな詩を見つけました。
 
桜月夜           与謝野晶子
 
清水(きよみず)へ           
  祇園をよぎる
              桜月夜
こよひ逢ふ人       
              みなうつくしき 
 


様々な桜の情景をケツメイシのさくらのBGMでお楽しみください。

M81(ボーデの銀河)、M101(回転花火銀河)

先日のガリバー遠征の画像処理がようやく終わりました。
今回はそのうちの2つをご紹介します。
Jpegで撮ってしまったのでガッカリでしたが気を取り直して
(意味のあることなのかよく分かりませんが・・・)
PSCS5で16Bitに変換し色彩強調を行なって色を出しました。

M81(ボーデの銀河)
 
d4347856.jpg

クリックすると拡大します(↑)
観測データ
種別 渦巻銀河 Sb型
赤経 (RA, α) 9 h 55.6 m (J2000.0) 赤緯 (Dec, δ) +69° 4' (J2000.0)
距離 1200万光年   視等級 +6.9   視直径 21' x 10'
 
M81はおよそ2500億個の星を含み、銀河系より
やや小規模であると考えられています。
腕がらせん状に渦巻いている様子を何とか写すことが出来ました。
 
シュミカセではニュートンと違いスパイダーがないので輝星に十字が
出なくてどうじてもボテッっとした感じになってしまいますね。
画像は画角の80%程度をトリミングしています。
 
 
M101(回転花火銀河)
 
5fd1900c.jpg

クリックすると拡大します(↑)
観測データ
種別 渦巻銀河
赤経 (RA, α) 14h03.2m (J2000.0)  赤緯 (Dec, δ) +54° 21' (J2000.0)
距離 2700万 光年  視等級 7.7  視直径 27'x26'
 
こちらは昨年超新星出現で話題となった回転花火銀河です。
超新星がどうなっているのか興味があったので撮影しました。
出現時よりかなり暗くなった感じですが、
サファイアブルーの超新星を確認することが出来ました。
こちらも画角の80%程度にトリミングしています。
なお撮影はC8、CanonEOS_KissX2で
M81,M101ともISO1600、10分露出4枚です。
 
 
C8のようなシュミカセで系外銀河を鮮明に写すには
ガイド精度に加え各部の調整が更に必要なようです。

しかし試してみないと分からない問題点も掴めたので
その意味でも貴重な遠征になりました。

Author

シュミット

ギャラリー
  • しし座の二つのトリオ銀河 Leo Triplett
  • しし座の二つのトリオ銀河 Leo Triplett
  • 梅雨の合間の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ