徒然なる星空めぐり

Yahooブログ閉鎖に伴い引っ越してきました。まだまだ良く分かりませんが気の向くままに星空をご紹介していきますのでどうぞよろしく!

新・本日の話題(天文)

プレアデス M45

折角久しぶりに連続遠征したのになかなか画像処理が出来ません。
遠征から帰ってきてからもずっとPoleNaviを使うためのカメラの調整と、壊れたナノトラ代わりのポタ赤の制作に明け暮れていました。
それもようやく目途が立ったので、今回はとりあえず11月5日に富士が嶺で撮影したプレアデス星団を処理してみました。

中心から少し外して分子雲の広がりを写そうと思ったのですが、構図の研究不足で狙い目を外してしまいました。

画像処理の方法も忘れていることが多いので今回はNik Collectionのお世話になってみました。
af2ef8f7.jpg

2016/11/05 FS60CB C0.72RD NikonD810A 480secX23 ISO1600

中心部の飽和が気に入りませんが、これは元画像の処理が悪いためで、Nik Collectionは便利なツールですね~。今回はとりあえずここまでとします。

BGM:Nothing Gonna Change My Love for You Kaori Kobayashi


超久しぶりの連続遠征!

いやぁ~本当にお久しぶりです。

今年の天気には参りました。
新月期の週末は必ず曇りか雨で、晴れるのは決まって
平日の月曜日か木曜日というパターンが続きました。
遠征にもGW以降何度か行っているのですが、その都度
雲や雨に邪魔され空振り続きでした。

11月に入ってようやく休日に快晴に恵まれました。
3日に茨城県の城里。5日に静岡県の富士ヶ嶺に遠征しました。
まずは3日の報告です。
1ae16f6d.jpg


この日はぴんたんさん、ただよしさん、まーちゃるさんと
お友達のドラゴンさんとご一緒させて頂きました。
863c0cc1.jpg


余りにも久しぶりだったので、久しぶりに見る星空を眺めて
設定に時間がかかりました。とりあえずナノトラも設定して
広角10mmで秋の天の川を狙います。
bda3f9ae.jpg

ところが数枚撮ったところでナノトラのご臨終です。

仕方がないので20秒の固定露出で20mmにして
オリオングルグルを作ってみました。
26ae55d6.jpg



まーちゃるさんに初めて使うPoleNavigaterの設定を教わったり
していたら遅くなってしまいました。50mmで設定するには
前もってかなり正確に極軸を合わせて置くのがコツだと初めて
知りました。後日急いで35mmを調達してしまいました。

このあと画像処理段階で不明なエラーに悩まされ、なかなか処理を
進めることが出来ませんでしたが、なんとか解消してとりあえず
基本的なフラット、コンポジット、レベル調整のみで仕上げてみました。

ケフェウス座の散光星雲 IC1396

dceab024.jpg

FS60CB C0.73RD NikonD810A 300secX16 ISO1600

意外に元画像に星雲が写っていないのでちょっとびっくりしました。秘術を使ってこれを浮かび上がらせる皆さんの腕は凄いです。
素材は得られたので、これから画像処理の復習をしなければ・・。


ぎょしゃ座の散光星雲 IC410&IC405

eb55a81a.jpg

FS60CB C0.73RD NikonD810A 360secX20 ISO1600

ただよしさんにPHD2のパラメータを設定して頂き、ガイドが安定して来ましたので、取り損ねた秋の対象を引き続き狙いました。
短焦点にフルサイズデジカメの画角は広いですね。
2対象が悠々と入ります。
ここでもCanonの改造機に比べて赤の発色が少ない感じです。
D810Aをお使いの皆さんはどういう処理をされているのでしょうか?

そして夜半を回りましたので今度は冬の対象に写ります。

オリオン座中心部 M42-馬頭-燃える木-M78まで

f32f7ab6.jpg

FS60CB C0.73RD NikonD810A 360secX18 ISO1600

冬の定番構図ですが、この組み合わせで撮ったことがなかったので
どんな風になるのか試し撮りです。オリオン座大星雲M42と馬頭星雲、燃える木が入るのは確認できましたが左端に辛うじてM78は入っていました。ここはアングル次第でいろいろな構図が楽しめそうなエリアですね。

この日の最後は
いっかくじゅう座のバラ星雲NGC2237-9,2246

e9cd66ba.jpg

FS60CB C0.73RD NikonD810A 300secX3 ISO1600

撮影中に薄明を迎えてしまい、わずか3枚のコンポジットです。
宇宙にポツンと咲いた一輪のバラ
右下に持ってくればコーン星雲とクリスマスツリーまで入りそうです。

今回の遠征はここまでです。
フラットがなかなか合わなくて苦労しましたが、自宅の夜間の空ではわずか10秒で城里と同様のスカイフラットが撮れることが分かったのは収穫でした。やっぱり東京の空の明るさには改めて驚きました。

それにしても綺麗な星空って本当に良いですね~。
久しぶりの遠征で心が洗われました。

BGM:Kotaro Oshio - Oasis

伊豆高原遠征(?)とその後の天文活動

すっかりご無沙汰しました。

今年の梅雨は東海地方までは比較的早く開けたのですが、
関東以東は待てど暮らせどなかなか開けませんでした。
そんな7月の下旬に長女家族と一緒に伊豆に出かけて来ました。
場所は伊豆高原にあるXIV伊豆です。

044e8522.jpg

クリックすると拡大します(↑)
標高はそれほどありませんが相模湾から伊豆大島を一望できます。
孫たちとプールで水遊びをしてから、10数年ぶりにテニスラケットを握りました。いやぁ~!腕がすっかり鈍っていました(笑)

昼間遊んだプールはカクテル光線で綺麗に染まります。
61862880.jpg

               クリックすると拡大します(↑)

プールサイドが海鮮のBBQ会場に早変わりです。
そして雲行きも怪しいし、
案の定飲んでしまったので遠征は中止です(爆)

部屋に戻ってベランダからしばらく雲の切れ目を待っていたら
真っ赤な月が昇り始めました。
335b55f5.jpg

               クリックすると拡大します(↑)
月は露出オーバーになってしまいましたが海の光をご覧ください。
本当に真っ赤な月でした。

そのあと、北極星の見えないベランダにナノトラを設置して
射手座付近をパチリ!
1c0c7cfe.jpg

               クリックすると拡大します(↑)

雲が綺麗に撮れました(笑)


帰ってきてからも、なかなかすっきりと晴れてくれず、
折角の新月期も遠征の機会に恵まれませんでした。

そうこうしているうちに火星もすっかり遠ざかってしまいました。
8月5日にようやく午後8時前に帰宅することが出来たので
火星を覗いてみました。

a323daa9.jpg

西日に温められた鏡筒の温度順応も不完全で、加えてエアコンの
室外機の影響や隣家の屋根の熱気でシーイングがボロボロでした。

その後、土星にも鏡筒を向けましたが、
こちらも同様でワンショットで撮影を諦めました。
d0e53623.jpg


〆は7日に撮った月です。
2b60a4f3.jpg

               クリックすると拡大します(↑)
C11に0.6Xのレデューサーを付けてお手軽ワンショット!
結局、遠征にも原村の星祭りにも出かけずじまいの週末でした。

今週後半晴れてくれないかなぁ~。

BGM:

♪ Finger Paintings ♪ Full  Earl Klugh





梅雨の晴れ間:小口径で撮る三惑星

梅雨の晴れ間、10日は久しぶりに晴れました。
たまたま外出先から早めに帰宅することが出来ました。
しばらく撮影出来なかった惑星達が気になりますが、
まずは青空に浮かぶ月をパチリ!
bd3c3606.jpg

午後7時少し前でもまだ明るいですね~。

今日は主砲と小屈折の2台体制で惑星達を迎え撃ちます。
ところがいざ撮影を始めようとすると西から雲がどんどん押し寄せてきます。
しかも地上は微風なのに上空で寒気と暖気がぶつかり合っているのでしょうか?
まるで真冬のようなシーイングです。
主砲のC11ではピントの山も全く掴めません。

例のベランダ手すりの外側に設置した臨時架台に久しぶりに
Capri80EDを載せて晴れ間を待ちます。

1281abec.jpg

隣がこれだけ近いので結構気を使います(^^;


木星を撮影した時には薄雲越しになってしまいました。


C11でも撮影しましたが処理はこれからです。


その次に火星を狙います。

あまり目立った模様のある位相ではありませんが
キンメリア人の海が正面に見えています。
この程度の拡大率であればシーイングの悪さをそれほど感じませんね。

火星も土星も衝を過ぎて西に傾くのが早くなりました。
e96eb55a.jpg

右側の尖った屋根の上にあるのが火星。鏡筒の向かう先が土星です。
それにしてもマンションの明かりが強烈です。
手持ちでこんな写真が撮れてしまいます。

火星は隣家の陰に隠れてしまうので最後に土星に向かいます。
ASI224MCは感度が高くこういう時に助かります。


DFKではどうやってもモノクロっぽくなってしまう暗い土星でも
ゲインを上げてやればそれなりの色彩を出すことができます。

梅雨の晴れ間ということで長時間ベランダで過ごしましたが
やはりシーイングには勝てず、大した成果は上げられませんでした。
8センチF7の屈折でもこの程度には写せることが分かったのが
数少ない成果でしょうか。

最後にC11に0.6のレデューサーを付けて撮った
10日の月です。
640731b7.jpg

クリックすると拡大します(↑)
月を真面目に撮ったのは4か月ぶりでした(^^;

BGM:Cafe Music!!Jazz & Bossa Nova instrumental Music!!

☆火星最接近

いつから火星の接近をスーパーマーズと言うようになったのでしょうか?
もう50年も火星を見続けていますが初めて聞きました(*_*)
再来年の大接近はウルトラスーパーマーズというのでしょうか!?(笑)
まあ冗談はさておき待ちに待った火星観察の絶好の時機到来です。

前にお話しした新兵器は惑星用のCMOSカメラASI224MCです。
やはり感度が良いですね。ノートPCがUSB2.0なので能力が生かし切れて
いませんが、感度が高いので早いシャッターが切れます。

あいにく強風と劣悪なシーイングに悩まされましたが、
練習を兼ねて先ほどまでずっと撮影していました。
そのため未処理の画像が溜まる貯まる!
お金もこの位貯まれば良いのに・・・(笑)

まずは2日に撮った3惑星です。
いずれもシーイングが悪いので元画像を60%に縮小しています。

シーイングメロメロの木星

bc1f794e.jpg


主だった模様がない位相なのでただ撮っただけになってしまいました。
3日は大赤斑が正面を向いていましたが更に強風と悪シーイングでした。
いよいよ木星はシーズン終盤ですね。
会社を定時で終わって夕飯抜きでようやく撮影出来ました。


最接近直後の火星

45905ab2.jpg


こちらは大シルチスが正面を向いた黄金の位相です。
もっとディテールに迫りたかったのですが、ボケているので
60%に縮小しました。他にもたくさん撮影したのでWINJUPOSの
使い方をマスターしてもう少し完成度を高めようと思います。


衝を間近に控えた土星

cada0c23.jpg

こちらも環が大きく開き本来なら見ごたえのある土星ですが、
シーイングが悪くてぼんやりとしか映りませんでした。

ソフトをすべてインストールし直し、
なれない新PCで作業をするのでなかなか勝手が掴めませんが、
新兵器の性能の確認は何とか出来たようです。

BGM:Bob James and Earl Klugh One On One



いやあ参りました!

1.不調なPCのその後

調子の悪かったPCが遂にご臨終となりました。
騙し騙し使っていましたが、遂に電源が入らなくなりました。
電源ユニットを取り寄せて交換してみましたが、ウンともスン言いません。
どうやらスイッチの故障かも知れませんがオリジナル品のようで
私では手に負えません。仕方なしにPCを新調してしまいました。
前のPCの設定を何とか活かしたいとも思いましたが、
もともとの不調原因がわからないのでソフトもすべて入れ直し
データだけは前のHDを取り出して接続しました。
そして、これでようやくというところで事件は起きました。


2.北海道出張顛末

今週は東北、北海道と出張が続きました。
それで画像処理も手を付けられずに東奔西走週間に突入です。
そしてこの北海道出張26~27日の会議を終え、
ようやくライラックの薫風に溢れる札幌を散策しました。
ちょうど大通り公園ではライラック祭りが開催中でした。

fd76773c.jpg


866486c3.jpg


と、ここまでは良かったのですが、あの大韓航空機の火災です。
羽田空港が閉鎖された関係で、新千歳空港も大混乱に陥りました。
午後3時前に空港に到着すると電光掲示板にはどんどん欠航が表示され、
カウンター前はJRの駅構内に届くほどの長蛇の列が出来ています。
恐らく数千人はいたでしょう。
列に並びながら、他社の便に振替できないか、仙台まで行かれないか
いや福島や、茨城空港はどうかなど調べますがすべて便がありません。
翌日の便に振替ようとネットを調べましたが夕方まで取れません。

同行者と相談して今夜は函館まで向かい、
函館空港から乗るか、それが無理なら
明朝の北海道新幹線で帰ることにしました。
仕事を終えて午後のゆったりした気分が吹き飛んでしまいました。
在来特急の怖い横揺れに耐えること3時間でようやく函館に着きました。

折角ですから函館の旨い肴を堪能することにしました。
関東は天気が良くなかったそうですが、函館は快晴です。
火星と土星に誘われてさそり座が綺麗に見えました。

翌朝も快晴です。函館から新函館北斗に向かいます。
9511ddb7.jpg


43f888d2.jpg


9時31分発のはやぶさ16号で東京に向かいます。
途中でこまちを連結したはやぶさがホームに滑り込んだのは午後2時を
回っていました。結局札幌から24時間かけてようやく帰還しました。
1ead02aa.jpg

まったく大韓航空の酷いとばっちりでした。


3.久しぶりの惑星たち

出張帰りで疲労困憊でしたが、この日しか晴れそうにないということで
一休みしてから望遠鏡に向かいました。
木星はかなり西に傾き劣悪なシーイングでぼんやりとした模様が写っただけでした。

820bda88.jpg




メインは31日に最接近を迎える火星です。

23e6f905.jpg

高度が低くてシーイングは厳しいのですが、逆に我が家では庇に邪魔されす
南中直後から狙えるのが有難いです。丁度子午線の湾が正面を向いています。
アキダリア海に朝靄が発生しているようです。

最後はその隣に鈍い光を放っている土星を撮影しました。
01dae6bd.jpg

環が大きく開いています。
衝が近づき内側の環が明るくなってきました。
(ハイリゲインシャイン現象)
それ以外は特に大きな変化はないようです。

いやあ全く疲れました。
        BGM:泣ける的ピアノ&ストリングス系インスト曲集  

撮影はもっとしましたが、処理が追いつかないのでとりあえずのご報告です。





GWの朝霧高原遠征結果ーその1

NZ遠征組の素晴らしい画像を拝見すると
私の貧相な画像を記事にするのがためらわれます。
しかし何とかPCを騙し騙し処理したのでアップします。

北アメリカ星雲NGC7000

a449348e.jpg

クリックすると拡大します(↑)
2016/5/5 1:29-
FS60CB+RDC0.72(FL=255mm) Seo-coold60D -10℃ 180secX16 ISO1600
SXP赤道儀 60mmファインダーガイド鏡 PHD2ガイディング


バンビの横顔 M24付近

8056d3c4.jpg

クリックすると拡大します(↑)
2016/5/5 2:30-
FS60CB+RDC0.72(FL=255mm) Seo-coold60D -10℃ 180secX18 ISO1600
SXP赤道儀 60mmファインダーガイド鏡 PHD2ガイディング

撮影中は専らPHD2のガイドグラフを安定させるために
パラメーターの追い込みばかりやっていました。
殆どの項目をいじって見たのですが、どうやっても
安定したグラフになりませんでした。
忘れていたのは赤道儀のガイドスピード設定ですので
次回はここを調整してみます。

画像処理の手順もすっかり忘れてしまい、
微光星がどうしても肥大してしまいます。
星マスクの処理などを最初から
残った対象でもう少し練習してみようと思います。


12日~13日の3惑星

12日は久しぶりに絶好の快晴でした。
windytyによると関東では珍しく上空3000mの風が
今まで以上に落ち着いています。
遠征に出かけられた方も多かったのですが、
今まで鬱憤が溜まっていた惑星三昧をしようと
急いで帰宅しました。

まずは木星を堪能

木星は帰宅時には既に南中を過ぎていますが、
我が家ではようやく主砲を持ち出せる状況になりました。
南中直後は上階のベランダが邪魔をして鏡筒を向けられないのです。
シーイングは期待したほど良くはありません。
画像は上層のジェット気流のせいで絶えず小さなビビリが生じています。
しかし今までよりは解像度の高い画像を得ることが出来ました。

54cf1793.jpg


衛星イオが木星の表面を通過し、影を落としながら
移動していく一部始終を堪能できました。
我が家から火星が見えるのは夜半過ぎなので、時間待ちの間に
処理しきれないほど撮影してそのうち3つで仕上げました。
3枚目の画像でNEBのイオの影の右下にある白斑が目立っていて
肉眼ではもう一つ衛星があるのかと思いました。


接近する火星

火星は目立った模様の乏しい位相ですが、
ちょうどオリンポス山が中央に見えているはずなので
それを狙いました。何とかその姿を捉えることが出来ました。

0283c4e2.jpg


上がALPOの池村さんのシミュレーションとの比較画像
下がアストロアーツの火星くるくるとの比較画像です
この位写ってくれると惑星撮影も楽しいですね。
もうすぐ新兵器も届く予定なので最接近の火星がとても楽しみです。


今一の土星

火星を撮影してしばらくすると土星がマンションの上階に顔を出します。
しかし建物の上ではどうもスッキリしません。
翌日が仕事でなければもう少し粘るところでしたが、
騙し騙しの撮影でようやく環の開いた姿を捉えました。

8f2860dd.jpg


久しぶりに惑星撮影を堪能することが出来ました。

しかし最近PCの調子が悪く、処理をするとフリーズしたり、
いきなりディスプレーの電源が落ちたりで画像処理もなかなか
進みません。つい先日などは時間をかけてようやくコンポジットが済んだ
ところでいきなりリセットがかかり万事休すでした。
そんなわけで、先日の遠征結果より先にこちらを記事にしましたが
遠征結果についても近日中にお知らせします。

BGM:Earl Klugh - Wishful thinking


GW朝霧遠征!

4日から5日にかけてようやく遠征に出かけられました。

前日まで天気が悪く、当日はどこも強風が吹き荒れていました。
タキさんから遠州へのお誘いを頂いて散々迷ったのですが、帰りの長距離運転に
自信がないためやむなく諦め、距離が約半分の朝霧高原に出かけました。
高速道路は混雑と逆方向なので行も帰りも順調でした。
前半は時折雲が邪魔しましたが、後半は雲もなく風も微風で
絶好のコンディションに恵まれました。
明け方には富士山がくっきりと顔を出しました。

朝霧高原の夜明け

28065f40.jpg

クリックすると拡大します(↑)
2016/5/5 04:43
Canon EOS_KissX5(新改造)SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM 20mm F5.6
1/40sec  ISO320  手持ち撮影

今回は風を考慮してカメラレンズと6センチ屈折という超お手軽装備に
しましたが、これなら長距離砲にすれば良かったかな!?

さそり座と火星・土星

dca9801d.jpg

クリックすると拡大します(↑)
2016/5/5 01:25
Canon EOS_KissX5(新改造)SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM 10mm F3.5
120sec×12  ISO1600  ナノトラッカーによる追尾

赤道義のガイドがどうも安定せず、星が肥大してしまいましたが、
まずは北天のお決まりM81&M82に鏡筒を向けました。
リュウさんじゃないけど「ちっちゃ~いシリーズ」になりました(笑)

ちっちゃ~いM81&M82

7d9a668c.jpg

クリックすると拡大します(↑)
2016/5/4 21:05-
FS60CB RD C0.72X SEO-Cooled60D 360secX12 ISO1600

色々反省点はありますが、これ以外にも対象を撮りまくり
一晩中満天の星空を久しぶりに満喫できました。

やっぱり星空って良いですね~♪

BGM:Earl Klugh ・ Dream Come True

GWの近況報告

いやぁ~すっかりご無沙汰してしまいました。
ブログの書き方を忘れてしまいました(^^;

先ずは熊本地震で被害に遭われた方の1日も早い
復興・復旧をお祈りいたします。

今できることをと思い、ささやかながらyahoo!基金に募金させていただきました。
yahooブロガーの皆様はすでにログインしているので非常に簡単に募金が出来ます。


さてGW初日の29日はhideサンにお誘いいただき筍堀に出かけてきました。
今年は採る人が少なかったのかここかしこに筍が顔を出しています。
体力があれば幾らでも採れたのですが小さめの籠に
いっぱいになるのに幾らも時間がかかりませんでした。
晩飯はもちろん筍尽くしになりました。
b831b4f6.jpg


hideサン、大変お世話になりました。来年もぜひよろしくお願いします。

そのあと、折角出かけたのでそのまま遠征出来ればと思い候補地を
何カ所か下見してきましたが、強風のため撮影を断念して
道の駅「たけゆらの里おおたき」で少し休んでから帰還しました。

その晩は晴れていましたが上空に強風が吹き荒れ
シーイングも悪すぎて撮影結果はボロボロでした。

d0f7b777.jpg

木星・火星・土星と撮りましたが公表できるような画像は得られませんでした。


翌30日~1日にかけて再度、惑星を狙いました。
シーイングが相変わらず酷いので、こういう時は屈折に限ります。
ed6f6d55.jpg


こんな窮屈な格好で超光害源の自宅マンションの上階から顔を出した
ばかりの火星を狙います。

相変わらずシーイングが良くありませんが、最接近を月末に控えて
かなり大きくなってきた火星を捉えることが出来ました。

973a367d.jpg

いつの間にか視直径が16秒を超えています。
エリシウム付近に白雲が発生しているようです。

この連休は大いに期待していたのですが、なかなかシーイングに恵まれません。
後半に1日でも安定した快晴に恵まれて欲しいものですね。





Author

シュミット

ギャラリー
  • しし座の二つのトリオ銀河 Leo Triplett
  • しし座の二つのトリオ銀河 Leo Triplett
  • 梅雨の合間の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
  • 近況報告:ストロベリー・ムーンと近頃の木星
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ