北天に輝く宝石・・・惑星状星雲2態
育樹の北の空は河口湖町の明かりの影響で比較的明るいのですが
夜半になるとだいぶそれも収まってきます。
そこでだいぶ空高く昇ってきた白鳥座近くの星雲を狙ってみました。
 
こぎつね座 亜鈴星雲 M27(NGC6853)
白鳥座のアルビレオの右側にある小さな星座、こぎつね座。
ここには惑星状星雲では最大級の青い星雲があります。
この宇宙の宝石のような星雲も実は3~4000年前に
星の爆発によって出来たとされています。
5f354afa.jpg

ここもノータッチ3分4枚を撮影しましたが、少し大きくすると流れが目立つので
今回は1枚だけで急いで仕上げました。


こと座 環状星雲 M57(NGC6720)
こと座にある有名なリング状の惑星状星雲です。
大きさは上のM27の1/5ほどしかありません。
でも輪郭がハッキリしているので眼視でも比較的簡単に見つけられます。
こと座の平行四辺形のベガから遠い方の短辺の真ん中辺りにあります。
4f7b29c2.jpg

こんな場所に導入してしまいました。真ん中よりちょっと右下の明るいリングがM57です。
口径の少し大きな望遠鏡なら眼視でもこの形が充分に分かるのが赤い星雲との違いです。
 
それではもう少し拡大して見ましょう。
70b0e91e.jpg


こちらも3分4枚を撮影しましたが、2枚コンポジットで簡単に仕上げました。
でもやっぱり星の流れがちょっと気になってしまいますね。
M27に比べると相当小さいのがわかります。
それにしても右下の紫色のカブリは何でしょう??
 
午前0時半を回って明日の仕事のことが気になりはじめましたが
それとは逆に空の状態はますます良くなってきます。
こうなったら開き直って撮影続行です♪
 
今度はどれにしようかな!?
しかし馴れない画像処理は大変です(^^ヾ
BGM:Chet Baker - Almost blue