北天の最後を飾るのは赤い散光星雲
6f555b2b.jpg


機材を片付けながら遠征最後にカメラレンズで撮影した白鳥座周辺です。
焦点距離をどういうわけか(笑)、43mmにして全景を撮ったノートリミングの画像です。
きっとピント合わせの時に誤って回してしまったんでしょう!?

この辺りも砂粒をまぶしたような天の川が広がっています。
肉眼では捉えられない波長を写す天文改造カメラを向けると赤い星雲が
拡がっています。一番目立つのは北アメリカ星雲です。
形が似ているのでクリックして探してみてください。
 
 
その部分をトリミングした拡大画像はこちらです。
3f068c16.jpg

暗い空であればカメラレンズでも北アメリカ星雲が結構ハッキリ写りますね。
白鳥座の1等星デネブを中心に構図を取ってしまったため
網状星雲が入らなかったのがちょっと残念です。
僅かの時間でこれだけたくさんの対象が撮れたのは嬉しいですが、
その分不慣れな画像処理が追いつかなくて大変です(^^ヾ

いよいよ次は南天の撮影結果に入りますが、
明日の出張もありますのでちょっと一息つかせてください♪
 
オイオイ!一体一晩で何枚撮ったんだい!?
なんて冷やかさないで下さいね~♪
BGM:Moon River - Percy Faith Orchestra