きっかけは、よくお越しいただくマンジュラさんの一言でした(^^)

月の向きが反対です

3月24日の天文三昧の記事で月の写真(左)をアップしたらこのようなご指摘をいただきました。
天体望遠鏡では上下左右が逆に見えますのでこのことかな?と一瞬思いましたが、この写真は普通に目で
見たとおりに載せています。落ち着いてよく考えて見たら緯度が70度近く違うことに気づきました。
そうです!日本で南の空に見えている月は、西オーストラリアでは天頂を通り越して北の空に見えているのでした。
e79b5d6f.jpg



それではオリオン座はどうなっているか?

de4c865d.jpg


すごい眺めです。北の空高くシリウスの大きな青白い光が輝き、オリオン座が頭を下にして空高く輝いています。勿論、星は右から左に時計と反対廻りに動きます。(今日の午後6時50分の様子)
南の空では真夜中に南十字星が日本の土星位の高さのところで輝いています。

今話題の木星はどの高さに見えるの?

これもマンジュラさんからいただいたご質問です。
こちらが見慣れた東京の午前5時の木星です。私のふにゃふにゃ木星はこの位置で撮っています。
(明日の朝午前5時の様子)
3c5c9698.jpg



こちらが西オーストラリアで見る木星です。どうですか?これならALPOでFabio Carvalhoさん
(ブラジル)がシャープな像を見せてくれるはずです。
70a0321e.jpg



いかがですか?西オーストラリアのパース近く(マンジュラ)は自然が豊かで空も綺麗で本当に良いところですね~(^^)いつか是非行って見たいな!!

尚、この星図はフリーソフトの「stella Theater Lite」を使わせていただきました。
ご興味のある方は、こちらからダウンロードできます。世界各地の場所と時間を指定して星空を楽しむことができるのでオススメです。
http://www.toxsoft.com/sswpro/lite.html