18日から19日にかけて二度目の育樹広場遠征をしてきました。
今回は京王線沿線仲間のとりぷるあいさん、J-proさんも一緒です。
上弦の月が出ているので撮影開始を10時過ぎに設定し午後9時頃到着しました。
とりぷるあいさんは既に到着され早速なにやら撮影されています。
持参したお守りが効いたせいでしょうか(!?)、
この日は時折薄雲の襲来はありましたがほぼ一晩中快晴に恵まれました。
 
画像はすべて右下のマークをクリックで大きくなります!

d8e671df.jpg

富士山登山客が列を成して昇っているようで麓の駐車場は5時間待ちとか!
あそこを登っているのだなと思いながら記念の1枚を撮りました。
 
今回の目的は色々ありますが、
R200SSとミニボーグを1台のガイド鏡でガイドし、広角とクローズアップを
同時に撮るという2in1のツインシステムのテストです。
6bd1f00e.jpg

実はこれが失敗して今回は散々な結果となりました。

その外にも、
1.偽星シートでテストした40年以上前のオートニッコール 135mm F2.8のテスト
2.最近入手したEFS18-135mmF3.5-5.6の18mmと135mmの試写
3.前回下見をした夏の天の川にある星雲・星団のガイド撮影
4.白鳥座近辺の星雲
5.秋の星雲・星団の撮影
6.最後に薄明後の木星
といろいろ機材だけは豊富に持参しましたが、3がこけてしまったのであとはハチャメチャ
になってしまいました。

それでも、天頂には白鳥が大きな翼を広げて悠々と空を飛んでいます。
時折流れ星も流れて、ハイビームで入ってきた若いカップルが歓声を上げています。
9dbb9c22.jpg


そうこうしている内に空もすっかり白んできていよいよ今回はただ機材を背負うだけ
となったR200SSの出番です。ガイド用のネットブックでの撮影はちょっと勝手が
違い、かなりぼやけた画像となってしまいました。
早い時間に撮影していれば大赤斑の移動にお目にかかれたのですが、
今回は撮っただけのこの日の木星です。
ffada49e.jpg


 
しばらくすると東から朝日が昇り、
正面には青々とした新緑の富士山が微笑んでくれました。
e92af9a2.jpg


こんな訳でまたまた失敗の遠征となってしまいましたが、
久しぶりに星空を堪能した満足感でいっぱいです。
やはり仲間と合同の遠征は結果はともあれ楽しいものです。
 
その他の撮影結果は処理が出来次第アップします。
 
BGM:Bob James & Earl Klugh "Love Lips"