今回はこれが最後です(^^ヾ
 
ぎょしゃ座にある散光星雲IC405.
 その形から通称、「勾玉(まがたま)」と呼ばれる星雲です。
今回は例の”へへへ攻撃”に加え構図も失敗したので
トリミングしての掲載です。
4fc5231f.jpg


最初にIC405を導入し、左側の恒星列を挟んでその隣のIC410まで入れようと思いました。
普通なら入れたところで構図の確認をするのですが、今回は午前2時半を回って
焦りもあったのでしょう。コントローラーでIC405を右上にずらすつもりで操作しました。
 
ところが動かし方が逆でしたぁ~(^^ヾ

IC410はおろかIC405が画面の左端に近くなってしまいました。
付けるレデューサーも間違えたので周辺収差で星が肥大しています。
結局試し撮り2枚のコンポジットになってしまいました。
 
ここも次回リベンジ対象決定です!
 

 
今回はいろいろトラブルはありましたが、
天然プラネタリウム夜空を
一晩中堪能できて本当に良かったです。
 
f9fb5bcc.jpg

クリックして天然プラネタリウムの雰囲気を味わってください(↑)
僅か18秒のノーマルカメラの固定撮影でこれだけ星が写ります。
 
壊れたポタ赤は幸いVixenさんに赤経ピニオン軸のパーツ(\3,150)があり
無事復旧することが出来ました。

Keilibraさん、adonoanさんと奥様、Eagleさん、
その節は本当にお世話になりました。また是非誘ってください。
 


 

18日日付変更後の木星
 
昨夜は薄雲が絶えず通過するような空でしたが時折木星が見えるので、
撮影の準備をしていました。昨日頂いたコメントを返し、
上の勾玉の画像処理をしていたら日付が変わってしまいました。
気が付くと木星はだいぶ西空に低く傾いた位置まで下がって
しまいましたが何とか2ショット撮れました。
9bd6954e.jpg

シーイングも透明度も悪く大赤斑を確認するのがやっとの状況でした。
今日も出来れば撮影したかったのですが、更に雲が多く観望さえ出来ません。
 
BGM: Paul Mauriat - Nocturne